記事一覧

【キルティング地キャリー入れ】

●キルティング地での製作の場合、水通しはしていませんので、汚れた場合はその部分だけを軽く洗って下さい。モデルはキャリー入れ(M)です、なるべくカタチよくお使い頂けるよう、四隅はこんなカンジでミシンがかかっております、底の縫い代ですが、キャリーの底で擦れたりして生地が弱くならないよう、わざと残しております。また、縫い代始末はロックミシンで、縫い代が見える状態です。↓袋の底の部分です、ベルトは底~サイド...

続きを読む